<< Tokyo Mosaics Sat> yo★yo | main | Tokyo Mosaics tue > shizuo >>
2011.01.15 Saturday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2005.12.05 Monday

Tokyo Mosaics 特別SUN>naho

いやいやすまんすまん!つうことで本来休刊日の本日は(一応日曜日ということにしといてね)私nahoが遅ればせながら最新情報をお届け致します!!

…とその前に、一週間我がTMの爆弾娘YO-YOっぺをクローズアップしてまいりましたが、私からも。。。
KENTAxxxも言ってたけど、私も彼女のことはものすごく正直で純粋な人だと思ってて、純粋が故のぶっ飛びぶりって感じかしらば…(←あっ、うつっちゃった。笑)
怖いモノ知らずな破天荒な人…かな。クリエーターとして是非とも野田凪級にいっちゃってほしいなあ。
あと実は小柄に見えるけど背高いよね。

で来週はmarbuネタ?ってフリがYO-YOちゃんからありましたがその続きはまたFRIに…。

++++++++++++++++++++++++++++++++++
で本日のテーマです。それはもう広告サミットでしょ!
行ってきましたよ昨日、今日と2日間!とは言っても2日間で1プログラムずつしか見れなかったんですが、両日共本当に実のある話、ボディにガンガンくる話が聞けて有意義な時間を過ごすことができました。

まず昨日は「トークバトル!広告と写真〜本当に写真が好きな君へ〜」というタイトルでナビゲーターにアートディレクターの中島英樹、スピーカーに写真家の平間至、ホンマタカシ、瀧本幹也の御三方をお迎えしてのトークショー。
●中島英樹
http://www.nkjm-d.com/
●平間至る
http://www.itarujet.com/
●ホンマタカシ
http://7andy.yahoo.co.jp/books/search_result?kword_in=&kword_out=&title=&info=&writer=%A5%DB%A5%F3%A5%DE%A5%BF%A5%AB%A5%B7&publisher=&code=&ctgy=books%7Cart&sort=0&disp=0&dsptch=0&publish_sy=&publish_sm=&publish_ey=&publish_em=&x=27&y=14
●瀧本幹也
http://mmm.nttr.co.jp/image.jsp?UI=web&TAB=web&CC=1&CK=0&OCR=1&MT=%C2%ED%CB%DC%B4%B4%CC%E9

中島さんが手掛けているお仕事は昔から憧れで、中島デザイン事務所はホントに入りたかった会社だったんだよね。中島さんはデザイン界のターザン山本って感じ?←分かりづらいってね。(笑)もう今や重鎮て感じ。
平間さんは彼のサイトに載ってる本人の写真を見るとかなりキョーレツな濃いキャラを想像するし、やってる仕事もガツンとエネルギッシュなモノが多いけど、実はもの凄く物腰が柔らかくて穏やかな人でした。好きになっちゃたな。
ホンマさんは興味のある質問にしか答えてくれないような写真で評価してくれってタイプで少し気難しい感じだけど、その分正直で一本筋の通った人といった印象。彼のあの柔らかい写真の雰囲気からは全く想像していなかったタイプでした。
瀧本さんは最年少ながらもう既に巨匠クラスの人と肩を並べている…天才なんだね彼は。今の時代高校中退でこの世界に飛び込むなんてスゴイよまったく。

話の中である人の言葉で「写真のモチーフは時代の無意識である」っていう言葉が出てきたんだけど、ん〜まさにそうだなと。
それから写真はフェイクかリアルかっていう質問には「フェイクだと思っています」とか「どうでもいい」とかハッキリ「リアルです」と答えた人がいなかったのが印象的でした。
正直写真の知識は無い私でもとっても新鮮で考えさせられる内容のトークショーでした。
++++++++++++++++++++++++++++++++++
そして今日はこのイベントのおおとり!糸井重里×佐藤可士和のトークショー。
●糸井重里
http://www.1101.com/home.html
●佐藤可士和
http://www.visualogue.com/speakers/kashiwa_j.html

可士和さんはもう言わずと知れたSmapのアートワークや極生などを手掛け、今や幼稚園までもプロデュースしているというアートディレクター。
クールなイメージの人と勝手に想像していたら全然そんことなく自然体のカッコ良いアニキでした。話もうまいし。
一方糸井さんはコピーライターとして一時代を築いた人であり、今や自らをビジョネスト(?)と称する1投げかければ10返ってくるクリエイティビティの塊で出来てる人。
そんなお二人のお話は人はコミュニケーションで距離を測っているなどの「距離」の話から始まり、80年代から今日までの広告業界の傾向、またこれからの広告の在り方を面白くディスカッションしていて本当に興味深い内容でした。

++++++++++++++++++++++++++++++++++
とにかくホントに楽しくて勉強になる2日間だったな♪DVDとかになればいいのにと今は思うばかり。。。
長々伝わりづらいことを一人興奮しちゃった!ではまた〜
2011.01.15 Saturday

スポンサーサイト

コメント
skipしちゃってごめんちゃい☆
広告サミット
恐ろしくいきたかったーーーーーーーーー!!
次有るときは誘って下さいませ
  • yoyoyo------
  • 2005.12.05 Monday 21:38
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
戦略プロフェッショナル―シェア逆転の企業
素晴らしい本でした。経営のエッセンスを学ぶことができながら、ドラマとして、小説として読むことができる。これをきっかけに三枝氏の本はすべて読破させていただいた。素晴らしい本だと思います。この本は3つの視点からその素晴らしさを味わうことが出来ると思います
  • まいかの日記
  • 2007/10/06 2:29 AM
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
PR
カート
2011年まで
ヘルメットショッピング
UNIQLOCK
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM